" />

包丁研ぎ

WEBでの包丁研ぎ申込み始めました!

2020年11月10日

WEBでの包丁研ぎ申込み始めました!

多くの時間、包丁に関わっていたいので
ブログでも受け付けを開始します
今は思うように外出もできません
ですがお料理を作る機会は増えているように
思います

実績

年間1000本を超す包丁を完全手研ぎ

ストアカでは包丁研ぎ講座で全国一位にも選ばれました
(2020・3/15〜4/14)
最高の切れ味より『最高の使い心地』を目指し日々
包丁と向き合っています

まちの研ぎ屋 研ぎだるまを運営

先にお断りさせていただきます

集中力が続かない時は作業の手を止めて一旦、包丁を置きます


時間はかかりますが包丁に向き合えない時は大切な包丁には触りません
ご理解いただける方のみ,お問い合わせ後、研ぎの依頼をお願いします。


大きな欠けの直しなどがないと仮定した場合の
今の私の限界が1日30本ほどです
これ以上は体力的にも精神的にも
研ぎの精度を保つことができません

動機としては

たくさんの包丁に触れたくさんの想いに応え
多くの人に心地よい包丁で毎日の料理を楽しく
より美味しく
そんな毎日のお役に立ちたいのです

包丁研ぎに対する想い

包丁研ぎに出会い技術や心も研ぎ


磨き上げてきた毎日


一本一本に向き合い


心を込めて研ぎ磨く



最良の使い心地を目指します

申し込み


モントマルシェにてイベント出店

ステンレスと鋼

ステンレスでも鋼の包丁でも
研がせていただきます


ステンレスの方がやや切れ味の持続性が
短いように感じます


鋼の包丁は切れ味はいいですが
使い方を間違えると
使っている側から錆が浮いてきます

包丁の特性を理解して長いお付き合いをしていきましょう

基本料金は2種類

片刃の包丁は1,500円

  • 柳刃包丁
  • 出刃包丁
  • 薄刃包丁
  • 切りつけ包丁
    など

両刃の包丁は1000円

  • 三徳包丁
  • 万能包丁
  • 割り込み包丁
  • ペティ
  • 文化包丁
    など

両刃でも菜切りや牛刀、中華包丁は1,500円

欠けの直し、修正は500円〜1000円ほどかかります
お問い合わせの時に併せてご相談ください

あなたの大切な一本に向き合い元気な状態にしてお返しします

まだまだ至らないところも多くあると思います
より良いものをより多くの人に届けたい
多くの方の悩みや困りごとを解決できる
研ぎ屋でありたい

お気軽にお問い合わせください

 

申し込み

 

追伸

ブックマークとても嬉しいです
シェアしていただけたらめっちゃ喜びます!

  • この記事を書いた人

@togidaruma

研ぎ屋のまっちゃん→松下大樹 元鳶職→体調崩して引きこもる→自己破産→生活保護→有償ボランティアで包丁研ぎに出会う→ 軒先き包丁研ぎと包丁研ぎ講座の講師をしながら→介護の現場でオジイとオバアを笑わせるため奮闘→ ポンコツの伝道師として生き辛さを抱える人や生きがいをなくしてしまった人に包丁研ぎを中心にワクワクするような楽しさを見つけてもらうサポートを始める→生活保護卒業! ブログやネットでの収入を得るため活動を始める←今ココ

-包丁研ぎ

© 2021 Togidarumablog Powered by AFFINGER5