" />

包丁研ぎ屋が文章を研ぎ澄ます

WEBライティングとWEBデザインの違い

2021年1月19日

WEBライティングとWEBデザインの違い

結論 

WEBデザインとWEBライティングは
別物ではあるがお互いを活かし
引き立たせる関係にあると
わたしは考ています

WEBデザインにWEBライティングが
内包されている

WEBデザインを意識したライティングが
できるように意識しよう

WEBライティングを活かすWEBデザインにしよう


この記事を書いていて
わたしは全然できてないな
といういうことに気づきました

togidaruma
未経験の40歳のオヤジがWEBライターにチャレンジして
月に50,000を目指して稼いでいこうというチャレンジ
このブログをもっとよくするため
面白さを広めるためにも
実践で使えるWEBライティング
を学ばなければと考えています

この記事でわかること

ざっくりとWEBライティングとWEBデザインが
なんなのかわかる
本当にざっくりだが

Webライティング

ウェブライティングとは、パソコンやスマートフォン、iPadといったデバイスを用いて表示され、Webを通してユーザーに読まれることを前提とした文章執筆のことです。

とあるのですが
わたしはSEOを意識したということを付け足したい
WEB上に文章を書けばWEBライティングかといわれるか
というと少し意味合いが違ってくる気がしていて
間違っちゃいないがすこし足りないのではと思うんですよね。

WEBデザインとは


ウェブデザインは

デザインの一種
ウェブページやウェブサイトにおける視覚面に対し
整理・再構築・意匠等を施すことである
グラフィックデザイン的な要素を多く含む一方で
情報デザインあるいは工業デザイン的なスキルも求められる。
ウェブデザインを行うデザイナーを、ウェブデザイナーと呼ぶ
ウィキペディア


自分自身が全然デザインのことを知らないので
みんな大好きwikipediaさんからの引用です


WEB上にライティングしたものを整理、再構築しデザインし
見栄え良くそして視覚に効果的に訴えて表現しているもの
そのひとつひとつに意味を持たせることだとと考えています

まとめ


WEBライティングとWEBデザインは別物だが切り離して考えるものではない

お互いを尊重し合う夫婦のように寄り添い合うものではないでしょうか?


いろんな夫婦の形があるのでわたしの個人的な考えが強いかももしれません

追伸
こんな記事を書き始めた日のこと
40のおっさんWEBライターはじめます

  • この記事を書いた人

@togidaruma

研ぎ屋のまっちゃん→松下大樹 元鳶職→体調崩して引きこもる→自己破産→生活保護→有償ボランティアで包丁研ぎに出会う→ 軒先き包丁研ぎと包丁研ぎ講座の講師をしながら→介護の現場でオジイとオバアを笑わせるため奮闘→ ポンコツの伝道師として生き辛さを抱える人や生きがいをなくしてしまった人に包丁研ぎを中心にワクワクするような楽しさを見つけてもらうサポートを始める→生活保護卒業! ブログやネットでの収入を得るため活動を始める←今ココ

-包丁研ぎ屋が文章を研ぎ澄ます

© 2021 Togidarumablog Powered by AFFINGER5