" />

包丁研ぎ屋が文章を研ぎ澄ます

WEBライター向いていない人

2021年1月20日

WEBライター向いていない人

結論 文章を作品やアートみたいに思ってしまう人や
ネットで愚痴をこぼすクセがある人、文章を書くのが苦痛だ

こんな人は向いてないかもしれませんね

togidaruma
未経験の40歳のオヤジがWEBライターにチャレンジして
月に50,000を目指して稼いでいこうというチャレンジ
このブログをもっとよくするため
面白さを広めるためにも
実践で使えるWEBライティング
を学ばなければと考えています

ライター向いていないとなぜ思う?

やらかしたときではないですか?
小さなミスが続いた時
おもんないときやその仕事に意味を見出せない

あなたはそんなことを思うのかもしれません

自分の文章を商品でなく作品としてみてしまう

ライターは小説家や
アーティストではないですよね
クライアントや会社の人の修正も入り
狙ってるものが違えば
書き直さなければなりません
修正の指示が出た時に 
露骨に顔に出したり
拒否したり
自分の意見が曲げられなければ
向いてないかもしれません。

ネットで仕事の愚痴や不満を書き込んでませんか?

SNSは他のライターさんも
これから関係を築いていくであろクライアントさんは必ずチェックしませんか?
あなただってこの人どんな人だろかと思ったらSNSくらいチェックしますよね
そこで批判や攻撃的な発言ばかりしてると
この人と関係性を築くの面倒くさいだろうなと判断されたらいくら仕事ができても
相当特別なスキルでもなければ仕事など一生まわって来ないでしょう

文章を書くことが好きではない?


わたし的にはこれが1番向いてないんじゃないかと思ってます

やり始めた時は分からなくても
全力で3ヶ月やってみて

やってて苦じゃない
わからないことを
調べながらでも進められる

という人は逆に向いていると
考えます。
好きじゃないにしてもやってて
他の人より長い時間できたり
たくさんできる人は
向いている人が多いと考えます

やってて苦痛なことを
何十年も続けるのは
苦行でしかないと思うんですよね
せめてしんどくないことを
生業にしたいものです

今の仕事に向いてないと思う時にするチェック10選

プライベートが充実していない

仕事が忙しすぎて会社と家の往復
休みの日は家でゴロゴロ寝てばかり
これではプライベートが充実
しているとは思えませんね

3年後の自分が想像できない

今、上司や先輩に指導してもらっているとおもいますが
3年後自分が後輩や部下を指導する立場になっている姿を
想像できますか?
もしくは後輩の指導するための準備を
していますか?


進みたい道、見えてますか

やりがいを感じないし楽しくもない

仕事をしていてやりがいを感じない
指示されたからこなしている
この作業をしている意味がわからない
給料もらえるからやってるだけ

楽しくもなんともない

それでもきちんとお仕事できる人を
わたしはすごいとおもいます
苦痛でなくやれるのであれば

上司や同僚から向いていないと言われる

他に人のいないところで
個別で親身になって指摘してくれているなら
ありがたい話だが
人前で罵るように言われたなら
パワハラを疑うレベル
わたしならしんどいです

達成感を微塵も感じない

1日が終わっても大きな
プロジェクトが終わっても
やり切った感も達成感も感じない
感動なんてあったもんじゃない

毎朝仕事にいきたくないなと思う

毎朝会社に行きたくない
体がダル重い
昼間の失敗を思い出して
情けなくて夜も眠れない

チームや同僚の足をひっぱている気がする


みんな頑張って成果を出したり
やるべきことを進めている
わたしだけ失敗ばかりで成果も出なければ
プロジェクトも進まない

ここにいていいのかと悩むことがある

みんないい人ばかりなのに自分はなんてダメなやつなんだ


逆に自分のことばかりで人を蹴落とすことしか考えられない

いつまでもここにいていいのか正直迷う

日頃から食欲がないもしくは暴飲暴食をしてしまう

疲れているのもあるかもしれないが全然食欲がない

嫌なことがあるとやけ食いしてしまう
最近体重をコントロールできてない

上の9個全部当てはまって絶望 生きてる意味あるんかな?

ちょっとネガティブ思考のあなた
とても優しくて周りに気を使いすぎるくらい使って
疲れていませんか

あなたはあなたでいるだけでいいということに
まずは気づいてほしい

何個当てはまりましたか?

あてはなるものが0〜2個ある

お仕事をしたり人とコミニュケーションを取ろうと思うと
このくらいはありますよね
そんなに問題視するほどではないのかも

当てはまるのが3〜7個

少し心配になるレベルですね
信頼できる上司やなんでも話せる
友人に相談してみよう
仕事の愚痴は聞きたくないが
どうすれば今より良くなるか
相談させて欲しいと頼むと
ちゃんといい人間関係築けていれば
話くらい聞いてくれるはずだ

7個以上当てはまるとあなたの心はSOSを発信しているかも

わたしもカウンセラーではないのではっきりしたことは
言えませんがあなたの心が悲鳴をあげているような気がします

もし診療内科に行くことや親しい人に心配させるからと相談など
に抵抗がある人はこちらの無料診断で転職エージェントにあなたの
抱えている悩みを聞いてもらうのもひとつの方法です

無料カウンセリング

ライター向いてないと思いながらも続ける方法

わたし的にはあんまりオススメしませんが
全ての時間を仕事に捧げ
ガムシャラに突き抜けてしまう
これもひとつの手段かなとおもいますが
燃え尽きて屍のようにならないように
気をつけてください

まとめ

WEBライターは依頼のあった文章を書くのがお仕事になります。
WEBライターは文章を作品やアートみたいに思ってしまう人や
ネットで愚痴をこぼすクセがある人、文章を書くのが苦痛だ
という人には向かなのではないでしょうか

今の仕事が自分に向いているかどうかわからない方

これからどう生きたいかこちらで相談できます。

これからどう生きたいかで働き方を決める
  • この記事を書いた人

@togidaruma

研ぎ屋のまっちゃん→松下大樹 元鳶職→体調崩して引きこもる→自己破産→生活保護→有償ボランティアで包丁研ぎに出会う→ 軒先き包丁研ぎと包丁研ぎ講座の講師をしながら→介護の現場でオジイとオバアを笑わせるため奮闘→ ポンコツの伝道師として生き辛さを抱える人や生きがいをなくしてしまった人に包丁研ぎを中心にワクワクするような楽しさを見つけてもらうサポートを始める→生活保護卒業! ブログやネットでの収入を得るため活動を始める←今ココ

-包丁研ぎ屋が文章を研ぎ澄ます

© 2021 Togidarumablog Powered by AFFINGER5